TOP > 交通事故治療

交通事故に遭ったら

交通事故に遭ったら

交通事故にあった後の流れ

事故に遭ってしまったら……
1.まずは警察に連絡をしましょう!
1.まずは警察に連絡をしましょう!

「大したことがない、ケガをしていない……」

という場合でも、必ず警察に連絡をして「事故証明」を申請しておくことが大切です。

その場では痛みに気づかなくても、数日後、思わぬところに痛みや違和感を感じることがあります。

そうなってしまった時に、事故証明がないと泣き寝入りになってしまうのです。

2.病院で診察をしてもらいましょう!
2.病院で診察をしてもらいましょう!

痛みや違和感の有無に限らず、病院でお医者さんの診察を受けましょう。

お医者さんで発行してもらった「診断書」を警察に

提出することで、自賠責保険での治療を受けることが可能になります。

3.保険会社さんに連絡をしましょう!
3.保険会社さんに連絡をしましょう!

保険会社さんに「痛みや違和感があるため、治療を受けたい」という意思を伝えてください。

どの場所で治療を受けるかは、患者さまの自由です。

事故後に搬送された病院や、診断を受けた病院で治療を受けなくてもいいのです。

4.当院でご連絡・ご来院ください。
4.当院でご連絡・ご来院ください。

診断書の内容を参考にし、痛みや違和感の原因を探っていきます。

必要に応じて理学的検査を行い、治療方針を決定していきます。

その後、保険会社さんへ「当院にて施術を受ける」とお伝えください。

5.診断内容・治療方針に従った施術を行います
5.診断内容・治療方針に従った施術を行います

急性期の固定やアイシング、電気療法、温熱療法運動療法、手技療法など。

必要に応じてケガで歪んだ身体を正す矯正治療、痛み

を素早く取り去る鍼灸治療、自律神経のバランスを

整える頭蓋自律神経調整法などを行い、症状の早期回復をはかります。

6.症状がなくなれば施術は終了です
6.症状がなくなれば施術は終了です

事故の大きさや個人差によって、症状の回復には大きな差が出てきます。

軽いものであれば二週間~三ヶ月程度がだいたいの治療期間の目安です。

骨折やむち打ちなど、重度の場合には更に長い時間を要することがあります。

決して短くはない期間ですが、後遺症が残ってしまうとずっと付き合っていかなくてはならないものです。

じっくりと治療を行い、後遺症をできるだけ残さないようにすることで、その後の社会復帰はより良いものとなります。

焦らずに治療を続けていきましょう。

交通事故後の症状について

交通事故に遭ってしまい、整形外科に通ったがなかなか良くならない、むち打ち症に悩む方、慢性的な肩こり・腰痛がひどくなった、体の疲れがすぐ溜まる・取れないなど、多くの患者様が事故後のむち打ち症で悩んでおります。


詳しい交通事故後の症状についてはこちら≫