症状ブログ

2015年1月22日 木曜日

なぜ、風邪をひくと肩が凝ることがあるのでしょうか?

今日は、肩こりについて。
肩こり、と、一言で言っても、内容(原因)は様々です。
同じ姿勢をとり続けること、目の疲れ運動不足ストレスなどが代表的な原因です。

ところで、最近、寒さのせいか、風邪が流行っています。sad風邪をひいた時、肩こりになったことがある人もいらっしゃると思います。

どうして、風邪をひくと肩がこるのでしょうか?

風邪をひく時は、往々にして、免疫力が低下しています。それは、同じ環境にいても、風邪をひく人もいれば、ひかない人もいることからも明らかです。
ところで、この免疫をつかさどっているのは脾臓という臓器です。
だから、免疫力が低下しているということは、脾臓の機能も低下しているのです。
そしてここで問題にしたいのが、「内臓体性反射」というしくみです。flair
これは、内臓に何らかの異常が起きると、神経系を通して、体表(筋肉)に影響を与えるというものです。脾臓と関係がある筋肉は、首から肩や背中をカバーしている僧帽筋という筋肉です。

免疫力が下がると風邪をひく。
免疫力が下がっているということは、脾臓の機能が低下している。
脾臓の機能が低下すると内臓体性反射により、僧帽筋が緊張して、肩こりになる。

風邪をひくと肩こりになるのは、こんなしくみがあったからなのです。
happy01

















むち打ち・交通事故のご相談なら
台東区入谷のゆいまーるはり灸整骨院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ゆいま~るはり灸整骨院