症状ブログ

2015年2月 5日 木曜日

風邪をひいた時の発熱に蒸しタオル法を。

風邪をひいて、発熱した時、後頭部のくぼんだところに蒸しタオルを当ててみて下さい。up
熱を下げる効果が期待できます。flair

なぜ、そんなことが起きるのでしょう?eye

後頭部の奥は、延髄というところです。
この延髄がつかさどる機能の1つに汗の分泌があります。
蒸しタオルは、その熱で、延髄の発汗作用に働きかけ、発汗を促します。
この時、一旦、熱が上がる場合があります。

一方で、後頭部の皮膚で感じた熱は、体温調節中枢である視床下部へ働きかけます。熱を感じた視床下部は、体温を下げようとします

こうして、蒸しタオルを後頭部に当てることによって、熱が下がるのです。sun

では、具体的なやり方です。
1)蒸しタオルを作る。
  ① タオルを水にさらし、固くしぼる。
  (この時、水分が多いと、熱くなりすぎる場合があるので、注意です。)
  ② そのタオルを電子レンジで40秒から1分温める。
  (やけどに注意して下さい。)
2)蒸しタオルを後頭部のくぼんだところに当てます。
3)タオルが冷えたら、また蒸しタオルを作り、同様に後頭部へ。
  これを、4~5回繰り返します。

手順は以上です。
どうぞ、お試しあれ。
heart











むち打ち、交通事故のご相談なら
台東区浅草のゆいまーるはり灸整骨院まで

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 ゆいま~るはり灸整骨院