TOP > 頭蓋自律神経調整法

頭蓋自律神経調整法とは?

頭蓋自律神経調整法とは?

当院独自の治療法「頭蓋自律神経調整法」

人間の身体は脳からの指令により、身体のバランスをコントロールしています。
頭蓋自律神経調整法について
頭蓋自律神経調整法について
「脳」が活性化する事によって本来もつ人間の自然治癒力を高め、健康な身体へと導いてくれます。

「脳が正常に働かなければどうなるの?」
体のバランスが崩れ、姿勢が悪くなる
頭蓋骨や背骨、骨盤のゆがみ
内臓の機能低下・自律神経の乱れ

≪当院での施術方法≫
当院では非常にソフトな手技で、頭蓋骨や身体にアプローチをして「脳脊髄液」の生産性を高めて

循環を良くしていく事によって「脳」を活性化して筋肉の緊張、頭蓋骨や背骨、骨盤のゆがみ

内臓機能の向上、自律神経のバランスを整えていきます。

「脳」が活性化する為には、「脳」も栄養を取り、新陳代謝が活発でなければいけません。
その重要な役割をしてくれるのが「脳脊髄液(のうせきずいえき)」と呼ばれるものです。

「脳脊髄液」は脳内にある脈絡叢(そう)と呼ばれる所で産生され、脳内で吸収されます。

その内の一部は脊髄神経内に入り、全身の各組織に流れた後、リンパ管内や毛細血管に吸収されるといった循環をしています。

最近の気候変動や睡眠不足、重力、化学物質の摂取など様々な原因により、「脳脊髄液」の循環が悪くなり、「脳」の新陳代謝が悪くなってきて機能が衰えてしまいます。
期待できる効果とは?
期待できる効果とは?
脳が活性化し、自律神経の機能が正常に働く。

脳が活性化する事により、集中力がアップする。

 内臓の働きが良く なり体が若返る。

血液、リンパ等の循環が良くなり免疫力が上がる

頭蓋骨が整う事により、顔のバランスが良くなる。

血液、リンパ等の循環が良くなり、肌のツヤハリが良くなってくる。

背骨や骨盤、頭蓋骨のゆがみ(ズレ)がなくなり、姿勢が良くなってくる


こんなお悩みをお持ちの方へ
こんなお悩みをお持ちの方へ
交通事故に遭ってしまい、むち打ち症で悩んでいる

慢性的な肩こり・腰痛

常々体がだるい・体が疲れやすい

末端冷え性である

妊婦さんの肩こり・腰痛や腱鞘炎

                    ✓産後の骨盤の歪みが気になる
  
                    ✓小顔矯正や姿勢矯正(O脚・X脚)

 
 自律神経について
 1  自律神経について
 
交感神経副交感神経
普段の生活の中で、自分の意志とは無関係に行われて

いる、血液循環・呼吸・消化・吸収・代謝・汗の分

泌・体温維持・排泄・生殖などの身体の機能の調節を

絶えず自動的に行ってくれている神経です。

交感神経は主に、日中活動する時緊張、興奮と言った時などに働いていて、交感神経が高まると、血圧が上昇、心拍数があがる、汗をかくなどと言ったことが起こります。

副交感神経は主に、リラックスしている時に働いていて、消化を助けたり、泣いたり、排泄をする時などに働いています。 
 
この2つの神経は、お互いに相反しながら身体の機能を調節しています。

自律神経失調症について

本来、自律神経は交感神経副交感神経の2つが相反しながら絶えずバランスを保ち、身体の機能を正常に維持しています。

しかし、気候の変化騒音、夜更かし、恋人、仕事、家族間の対人関係などといったストレス

神経疲労により、自律神経の異常興奮が起こってしまい、バランスが保てなくなり身体に不調を起こし始めます。

神経疲労やストレスにより、自律神経が乱れ、身体に不調を起こしている症状を

自律神経失調症」と呼ばれています。
症状例【花粉症】
 2  症状例【花粉症】
 
現在、多くの人が花粉症に悩まされています。

花粉症は、花粉を体の中に取り込んだとしても重大な病気になる事はないにもかかわらず、花粉を強力な外敵だと判断し、それをやっつけようと躍起になり、

過剰なまでの防衛手段(大量の鼻水や涙などを流し続ける等)をとってしまうという免疫システムの異常であると、当院では考えます。

薬を使わない花粉症対策

薬や注射に頼らない治療法
現在、花粉症治療といえば、薬や注射により何とかやり過ごそうという対症療法が主流になっています。

ですが、多くの方が『もっと根本的な改善方法があれば、そうしたい』『薬に頼らずに良くなりたい』と考えるのは当たり前の事ではないでしょうか。

『なぜでしょう?花粉は脳の勘違い?』

脳は脊髄とつながり、脊髄は脊柱の中を通りお尻の辺りまで続き、途中脊柱の横から何本も

抹消神経を伸ばし、横に伸びた抹消神経は何本にも枝分かれし、体の隅々まで行きわたっています(人間の最も重要な部分です)。

そして脳と脊髄は硬い膜で覆われ、その中は神経の束と脳脊髄液という液体により満たされています。

脳脊髄液は脊髄を出て体中に行きわたり、その間に脳や神経や内臓や抹消器官に栄養を与え、活性化を促します。

ですので、この液体の循環が滞ってしまうと脳と神経と内臓や抹消器官とが正しく情報をやり取り出来なくなり、様々な問題が起きてくる事がわかってきています。

つまり脳脊髄液の循環が滞ることにより、脳が花粉に対し勘違いをし、花粉症が発症しているというわけです。

当院の施術方法

当院が自信が持つ『頭蓋自律神経調整法』とは…

非常にソフトな手技によって人間本来の自然治癒力を高める事で、薬に頼らない花粉症対策を可能にします(花粉症の方は肝臓の辺りで滞っている場合がほとんどですので、肝臓の周辺の滞りを取り除く事が中心になると思われます。)

是非一度この花粉治療を体験してみて下さい。一緒に薬に頼らず花粉症を克服して行きましょう!